神聖な動物
こちらの記事を読む前に必ずご覧ください。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

動物は好きですか?

日本で、または世界各国で様々な動物が存在する中、縁起が良いとされている動物もたくさんいます。

しかし、日本で縁起が良いとされている動物が、必ずしも海外でも縁起が良いとされているとは限りません。

反対に、日本では縁起が悪いとされている動物が、海外では縁起が良い動物だとか、幸福を招いてくれる動物だとされているケースもあるのです。

今回は、そんな縁起が良い動物について紹介していきたいと思います。

魔除けになる、幸運を招き入れてくれるなど、動物によって多少の違いはありますが、様々な動物のモチーフを生活に取り入れることによって、あなたの毎日が少しでも幸せになることを願い、日本での縁起が良い動物をはじめとし、アジア、欧米、そして動物との繋がりがとても深いエジプトにおける縁起が良い動物を紹介していきます。

また、それぞれの縁起が良い動物を使ったゲン担ぎに効果のあるアイテムも同時に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

お気に入りの動物の、お気に入りアイテムが見つかればあなたの毎日に幸せを運んできてくれることでしょう。

目次

日本で縁起のいい動物&不思議な言い伝えがある鳥や魚

当て字で福がくる、苦労しないと言われている“フクロウ”

フクロウ

日本では、当て字で“福来郎”とか、“不苦労”などとされ、福を呼び、悪いものを遠ざけてくれると言われている動物が、フクロウです。

その威厳のある顔立ちから、森の博士とか、森の哲学者などと言われていますが、実際にモチーフとされてアクセサリーになったり、置きものになったりすると、非常に可愛らしいアイテムとなるため、身につけたり、どんな部屋にでもマッチするアイテムとして飾ることができたりもします。

ただ、縁起が良いとされているのは日本でだけではありません。

エジプトでは聖霊として、ローマ神話では知性の象徴として古くから知られている存在と、海外でも縁起が良い動物とされているのです。

山神の使いであり夫婦円満にご利益があるとされる“猿”

猿

神様の使い…特に山神様の使いとされているのが、猿です。

日本で一番有名な猿というと、日光東照宮の三猿ではないかと思いますが、その東照宮に祀られている徳川家康から15代続いた徳川幕府でも、猿回しという職業が正規の専属としてあったほど、身近な存在でもあった猿ですが、悪いことや災厄を取り払ってくれるといういわれもあることが、その理由ではないかと言われています。

日本では、“縁”や“(魔が)去る”など、当て字ができることで、縁起が良いと言われている部分もあるようです。

“猫”は金運も人も招く商売繁盛の化身

猫

猫は、海外では縁起が悪いと言われている場合もありますが、日本では縁起の良い動物とされています。

魔除けの効果や、幸せを運んできてくれるといわれ、また金運アップや人を招くなどともいわれています。

そして、それが招き猫などの開運グッズとなっているわけです。

猫は、特にペットとして身近な存在でもあるので、余計に縁起が良いとされている部分もあるのですが、中でも雄の三毛猫であったり、しっぽの先が曲がっている猫であったりは、特に縁起が良いとされているなどと言われ、重宝される傾向があります。

縁起が良い魚といえばこれ!“鯛”

鯛

日本で縁起が良い魚といえば、鯛ではないでしょうか。

日本で縁起が良いといわれる理由には、当て字が多いのですが、やはり鯛も“めで鯛”という当て字に当てはまる魚であるため、縁起が良いといわれ始めたようです。

また、その見た目が美しいことや味が美味であることも、理由の一つになっていると言われています。

お祝いの席でも用意されるのは鯛が縁起が良い魚であると古くから言われている理由でしょう。

日本では一番メジャーな縁起の良い鳥!“鶴”

鶴

日本で一番メジャーな縁起ものの鳥といえば、鶴ではないでしょうか。

丹頂鶴は、体の一部に赤も入り、紅白が揃っているため、めでたいお祝いごとの際に使われる幕にも鶴が縫い込まれているようなこともあります。

鶴は千年、亀は万年と言われているように、長寿の象徴となっているのも、縁起が良い一端を担っているとも考えられるでしょう。

“タヌキ”は万能に幸福を招いてくれる存在

タヌキ

たぬきは、昔話では人を騙すとか、あまり良いイメージがない場合もあるのですが、それでも古くから万能に幸福を招いてくれる存在とされていました。

最近では、住む場所がなくなり、住宅街に頻繁に出没することもあり、比較的身近な存在になっているところもありますが、置きものとして馴染みがあるという人も多いのではないでしょうか。

たぬきの置物は、笠をかぶっているつぶらな瞳の可愛らしい姿が印象的ですが、笠から尻尾までで8つご利益があると言われている大変縁起の良い置物だと言われています。

また、やはり日本お得意の当て字で“他抜き”とも言われ、ライバルを蹴落として上へ上がっていく、商売繁盛の縁起物だと考えられてきました。

桃太郎のお供の“雉”は家族愛の象徴だった!

雉

雉というと、日本の国鳥だとか、または桃太郎のお供というイメージが強いのではないかと思いますが、実は万葉集の時代から縁起が良い鳥と言われてきているのです。

それぞれの歌で詠まれている中では、家族愛を示したり、子供への愛情を表現するのに雉が使われていることがあり、家族愛の象徴とされています。

日本以外でも、中国で縁起が良い鳥とも言われているので、世界的に見ても縁起が良い鳥だと言えるでしょう。

神様の使いで金運アップの象徴といえば“蛇”

蛇

蛇の場合ですと、古くから家にアオダイショウが住み着くと、その家の守り神になってくれるとか、白い蛇は神様の使いであり、金運アップを呼び込んでくれると言われていたりと、苦手な人も多い反面、縁起が良い動物とされてきました。

人間は、猿であった頃の本能が残っていて、蛇を本能的に怖がるのだと言われているので、蛇が苦手であることは人間の本能的には決して間違っているものではないのですが、その反面で蛇柄のものをもっていると金運がアップするとか、蛇の皮をお財布に入れておくとお金が貯まるなど、お金に関する縁起物として扱われている部分も広く知られているところだと思います。

海外でも蛇が縁起物とされている国もあり、その反面で忌み嫌われる存在とされている国もあるのですが、日本では基本的には縁起が良いと言われている部分が大きいと言えるでしょう。

古来から神様の使いとされてきた“鹿”

鹿

古来から神様の使いとされてきている鹿も、縁起が良い動物だと言えるでしょう。

奈良公園にいる鹿も、神様の使いとされていますし、日本の昔話では鹿が神様の使いとして登場するお話がいくつも存在しています。

ツノが魔除けとなると言われていることや、川泳いで渡ることができることで水難を遠ざけると言われていることもあるのが、縁起が良い動物とされている由来のようです。

日本のみならず、海外でも縁起の良い動物としている国も多いと言われています。

子供の頃から大人になるまでに名前が変わる出世魚“ブリ”

ブリ

子供の頃から大人になるまでの間で名前が変わる魚が存在します。

これらの魚を出世魚というのですが、その名前の響きが縁起が良いということで、日本の代表的の出世魚であるブリも縁起の良い魚とされているのです。

鯛と並んでお祝いの席で使われ、出世を願ったり、将来の繁栄を願ったりするのに使われます。

中国などアジア地域で縁起のいい動物&魔除けになる鳥や魚

“スズメ”がやってくる家は食べることに困らないと言われる

スズメ

中国では、スズメがやってくる家は食べることに困らないと言われている…そんな言い伝えがあります。

中国では、庭に脱穀した作物の殻が落ちているということは、それだけ豊作であったというふうに捉えられるため、スズメが集まってくる家では豊作…つまり、食べるものには困らない豊かな家であると判断されていたようです。

スズメは鳩のように平和の象徴としてのイメージも大きく、スズメが遊び回ることができ環境は平和であると判断できることもあるため、平和な世の中を願う人たちからはスズメが自由に遊び回れる環境は縁起が良いと捉えられてきた部分もあります。

知恵の象徴“象”は神様の使いとしている国もある

象

象は古く日本では空想上の動物のような扱いを受けていた時代もありました。

ご存知の通り、日本には象はもともといませんから、聞いたままを絵に書いた象の彫刻は残っているものの、その姿は本来の象の姿とは全く異なる姿をしています。

しかし、聞いた知識だけでも、彫刻にしようと思えるほど、象は古くから海外で縁起の良い動物だとされてきており、神様の使いとされている国も多く存在します。

現在でも野生の象が街の中に入ってきても手を出すことはできず、象の機嫌が悪くて車などに危害を加えてしまっても、追い払うことができないなど、法律上の問題で象に手を出すことができない国も存在します。

日本では、頭の良い動物とされており、縁起物…というイメージはありませんが、海外では縁起が良い動物だと言われているのです。

中国語での発音は「お金が余る」と同じ“金魚”

金魚

中国では、金魚という言葉が“ちんゆい”といい、お金が余るという意味と同じ発音となりますので、縁起が良いと言われています。

金運アップにつながると中国では縁起が良い魚とされているのですが、それ以外にも縁起物とされる由来があるのです。

それは、金魚が多産であるということ。

そこで、安産にご利益があると言われているのです。

金魚は風水でも縁起の良い金運をアップする効果があると言われており、金魚のいる水槽を部屋に置くと、その水槽に金運が溜まり、その部屋で暮らす人の金運をたあめてくれるとされます。

ちなみに、風水で良いとされているのは、黒色か白色の金魚であり、ここは日本で縁起が良い色とされている赤い金魚とは少し異なる部分となります。

5匹集まると最強の運気をもたらしてくれる“コウモリ”

コウモリ

日本ではあまり良いイメージは持っていないコウモリですが、中国ではコウモリは縁起の良い動物であると言われています。

5匹のコウモリを描いた絵は、長寿と富、そして健康、子孫、最後に繁栄、この5つを表していると言われているのです。

現在でも、吉祥を意味するものには必ずコウモリを用いると言われているほど縁起物とされています。

日本ではコウモリのアイテムやグッズなどはあまり見かけませんので、意外かもしれませんが、中国でも名前の読み方が“福”と同じことで、縁起物とされるようになったのでしょう。

仙人の使いである“亀”は中国で最も縁起が良い動物

亀

仙人の使いとも言われている動物は、中国で最も縁起が良いと言われています。

その動物は、長生きをするというイメージも定着しているのですが、皆さんは何の動物のことかお分かりになるでしょうか。

答えは“亀”です。

鶴と一緒に亀は万年と長生き、長寿といえばこの動物というイメージも定着していますね。

さすがに1万年生きるわけではないですが、中国では亀が仙人と一緒に修行をして長生きできるようになったとされており、古くからやはり長寿を目指してきた人間にとっては、永遠の憧れとも言えるような存在となったわけです。

日本では、うさぎと亀の話が有名であり、コツコツ努力することの代名詞とも言えるかもしれません。

日本でも縁起が良い動物とはされていますが中国では日本以上に縁起が良い動物だと言われていることを覚えておきましょう。

鳳凰の代わりやモデルとなったと言われる…“孔雀”

孔雀

空想上の鳥で、鳳凰がいます。

中国では、縁起が良い動物と言っても、それが龍であったり鳳凰であったりと、実際には存在しない動物であることも多いのです。

しかし、実際には存在しない動物の代わりとされているものもいます。

それが、孔雀です。

実は孔雀は、鳳凰のモデルとなったとも言われており、現在でも鳳凰の代わりとして縁起の良い鳥とされているのです。

平和を示す鳥である鳳凰のモデルとなった孔雀は、その羽を広げたときの美しさから、縁起が良いとされ、古くから重宝されてきたと言われています。

幸運の使者と言われる“鵲”

鵲

“カササギ”と読みますが、中国ではこの鵲は非常に縁起が良い鳥だと言われています。

カラスの仲間ですから、それだけ聞くとあまり縁起が良いイメージは湧かないかもしれませんね。

しかし、鳴き声がカチカチ聞こえることから、“勝ち”をイメージすると言われ、日本でも縁起が良い鳥と言われているのです。

たくさんの幸運を運んでくれる幸せの鳥、中国での青い鳥といえばこの鳥と言えるほど、縁起が良いと言われており、中国の絵や陶器に焼き付けられている絵には、鵲の姿がたくさん見られます。

急流を登り切ったら龍になる!?“鯉”

鯉

中国において縁起が良いと言われている魚は、鯉です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

中国の伝説では、急流を上り切った鯉は龍になると言われており、もちろん、その龍は中国において最も縁起が良いとされている動物の一つでもあります。

日本でも縁起が良い魚でもありますが、それは日本書紀にも登場したり、古くは非常に効果で庶民が手に入れることができなかったからという理由が挙げられ、伝説的なものはあまりないのです。

中国では、先ほどの急流を登ると龍に変わるという伝説から出世を表すとか、守ってくれる守護の役割があると言われ、縁起が良い魚と言われています。

欧米諸国で縁起のいい動物&神の使いだと言われている鳥や魚

日本でもメジャーな存在、“鳩”が平和の象徴と言われるのは聖書が起源

鳩

鳩が平和の象徴と言われるのは、何が起源となっているのかを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

今では平和の象徴の鳥といえば誰もが鳩を思い浮かべるところがありますが、その起源は聖書だと言われています。

ノアの方舟のお話で、洪水の中、方舟から放たれた鳩が、洪水の終わりを知らせに戻ってきたことから、平和の象徴とされるようになったというのです。

それにより、ハト座という星座も生まれたと言われています。

聖書だけでなく、ギリシャ神話でも愛の女神アフロディーテの使いとされていたなど、各国の伝説、神話に現れている鳥でもあり、それが現代でも縁起の良い鳥だと言われる理由となっているようです。

ドイツではクローバーと組み合わせると最強だと言われる“豚”

豚

日本では、豚が縁起が良い生き物というイメージはないかもしれません。

しかし、ドイツでは豚というのは非常に縁起の良い動物だとされているのです。

韓国でも金運をアップしてくれる動物だと言われていたり、中国でも多産多幸のシンボルとされているなどあるのですが、特筆すべきなのはやはりドイツでの豚という存在でしょう。

思いがけず運が良かったとか、運が良いという意味で豚を手に入れたという言葉が使われるほど、幸運のシンボルであると言われているのです。

そして、この豚とクローバーを合わせたアイテムは、最強の幸運アイテムだと言われているほど、運気を高めてくれる効果があると言われています。

クローバーが単体でも縁起が良いアイテム、またはモチーフとされており、そこに同じく縁起が良い豚を組み合わせることで、持つ人の運気を極限まで高めてくれるとされるのです。

ハワイでは“サメ”は再生と強さの象徴!

サメ

サメにどのようなイメージを持っているでしょうか。

映画のイメージをそのまま持っている人は、怖いと感じるかもしれませんし、グルメな人からすれば、フカヒレのイメージが強いかもしれませんね。

ハワイでは、サメが縁起の良い魚として扱われているそうです。

生命力が強い、力が強いということで、強さの象徴とされていて、サメの牙を加工したネックレスなどは、運気を高めてくれるアイテムだと言われているのです。

実際に、ハワイアンアクセサリーのお店にいくと、サメの牙をそのまま使ったネックレスや、サメの歯をモチーフにしたハワイアンジュエリーなどが販売されています。

由来はその立ち姿にあり!“フラミンゴ”

フラミンゴ

フラミンゴも縁起が良い鳥だとされている国があります。

この由来は、フラミンゴの立ち姿にあるようです。

ピンク色のフラミンゴが二羽向き合っている姿が、ハートの形に見えるから…というのがその理由です。

そのため、恋愛運がアップすると言われているため、縁起が良い動物だとされていいます。

フラミンゴが向き合い、ハートの形に見える写真を待ち受けにしておくと、恋愛運がアップすると言われているので、恋人が欲しい人は試してみると良いかもしれませんね。

尻尾が魔除けになるジンクスもある“うさぎ”

うさぎ

うさぎのしっぽを持っていると災難を避けることができるなんてジンクスが海外には存在していることもあり、うさぎも縁起が良い動物だと言われています。

繁殖力が高いため、子孫繁栄だとか、跳ねて歩くことから出世する、飛躍する、活躍するということから縁起が良い動物だとされているなど、さまざまな説が存在しているようです。

日本でも月で餅つきをしているため神様の使いだという考え方もあるため、基本的にはうさぎが不吉な生き物であるとしている国はほとんどないと考えても良いでしょう。

ペットに大人気の“ハリネズミ”は幸運に恵まれる

ハリネズミ

最近ペットとしても人気のハリネズミですが、このハリネズミも幸運を呼ぶ動物だと言われています。

もともとハリネズミは害虫を駆除してくれる動物とされてきたことから、見かけると幸運を連れてきてくれると言われるようになり、それが欧米中に広がったと考えられているのです。

また、その体に多く生えている針の一つ一つに幸せをくっつけて歩いていると言われていて、家の庭にハリネズミがやってきた場合には、その針についている幸せを庭において行ってくれるとか、針の数だけ多くの幸せを家にもたらしてくれるなどと言われています。

金運アップを呼び込んでくれる“ニシン”

ニシン

日本でも馴染み深い魚、ニシンは海外では縁起が良い魚だと言われています。

その理由は、ニシンがキラキラ輝く肌を持っていること。

金運をアップしてくれると言われており、ニシンを使った料理は運気を高めてくれル、金運アップ料理であるとされるのです。

“コオロギ”は欧米において古くから幸運のシンボルとされていた

コオロギのいる野原

虫が苦手な人は少なくないと思いますが、欧米において、コオロギは幸運のシンボルとされているのです。

正式には、コオロギなど、鳴く虫の鳴き声。

その声が、悪い物を遠ざけて幸せを呼び込んでくれると言われています。

ディズニー映画のピノキオにはコオロギのキャラクターが出てきますが、彼はピノキオを正しい道に導こうとする存在であり、結果として彼を人間になれるように、サポートしてくれる存在でもあります。

このように、幸せへと導いてくれる存在だと考えられてきたのです。

エジプトなどその他の海外各地で縁起のいい動物&幸運を呼ぶ鳥や魚

“タマムシコガネ”はエジプトにおける神聖の象徴

スカラベ

エジプトでは、スカラベと言われるアクセサリーがありますが、これはタマムシコガネという虫がモデルとなっています。

古くからエジプトでは神聖さを表現する象徴、モチーフとされてきたタマムシコガネは現在でも縁起が良い虫だと言われているのです。

古代エジプトでは“カバ”が生命力の象徴とされていた

カバ

古代エジプトでは、カバが生命力の象徴だとされてきました。

力も強く、実はその見た目からは想像もできないほど凶暴な動物でもあるカバ。

アフリカでは、ライオンなどの動物よりも人を殺しているなどと言われるカバですが、その強さが生命力の象徴となったのでしょう。

太陽の神々の化身である“鷹”

鷹

猛禽類の目はどこか神聖さを感じさせますが、エジプトでは鷹が太陽の神々の化身だと言われています。

そのため、神様の使いとして縁起が良い存在だと言われているのです。

空を自由に飛び回り、古くから人の憧れの存在とされてきた鷹は、今でもエジプトでは神聖な鳥であり、神様の使いであることに変わりはありません。

神様を乗せて走る動物とされていた“馬”

馬

神様の使いであり、神様をのせて走る動物だとされてきた馬も、エジプトにおいては縁起の動物です。

実際に、エジプト以外でもペガサスやユニコーンなど、空想上の動物ではありますが、神様の使い、または存在そのものが神様であるとした動物も存在するのは皆さんもご存知の通りだと思います。

日本でも、神様の使いだとされる神馬という馬が存在しますが、このように世界各国で神聖な動物だとされてきたのです。

ケルト神話における“カエル”は水の神様だった

カエル

ケルト神話によると、カエルも神様とされていたといいます。

カエルは水の神様であり、神聖な動物だと言われてきたのです。

日本では、無事に帰るなど、交通安全のお守りとされているなど、やはり縁起が良い動物として見られている部分がありますが、神話が由来となっているというのは意外に感じる人も多いかもしれませんね。

カンボジアで縁起が良いとされる魚“トリ・カントロップ”は幸運の鉄の魚と呼ばれる

魚を釣る

カンボジアでは、トリ・カントロップという魚がいます。

この魚は食用とされているのですが、幸運の鉄の魚と呼ばれているのです。

見た目がキラキラしているとか、とても美しいというわけではありませんが、見つけるのがなかなか難しいということもあり、見つけて食べることができると、幸運に恵まれるといわれていたようです。

縁起のいい動物・鳥・魚を使ったゲン担ぎアイテムを紹介!

蛇の皮は財布に入れておくとお金が集まる

蛇革

日本でも有名な、蛇の皮を財布に入れておくとお金が集まるというジンクスは、世界各国でも信じられているものがあります。

特に、白蛇の皮を入れておくと効果がアップすると言われていますが、ここでの白蛇というのは、アオダイショウという種類の蛇のアルビノ種であるとされているので、なかなか見つけるのは難しいと言えるでしょう。

だからこそ、余計にその効果が高いと言われているのですね。

うさぎの尻尾を持ち歩くと災いを遠ざけてくれる

うさぎのお尻

うさぎの尻尾をお財布に入れて持ち歩くと、災いを遠ざけてくれるというジンクスがあります。

古くは実際に本物のうさぎのしっぽを持ち歩くことがあったと言いますが、現在では動物愛護の精神も強くなり、欧米でもうさぎの毛だけを使ったしっぽをイメージしたアイテムなどが販売されていたり、うさぎのしっぽを模した偽の毛を使ったアイテムが販売されていたりするようです。

ブタのストラップにはクローバーのモチーフをプラスして

豚とクローバー

欧米のジンクスを取り入れるのであれば、豚とクローバーのストラップをつけてみると良いでしょう。

ドイツのジンクスでは、豚とクローバーの相性が最高で最強の運気を運んでくれると言われているため、それにあやかって双方のストラップをつけてみると良いかもしれません。

カエルの置物は家に置けば“無事帰る”の意味になる

無事に帰れますように

カエルの置物は、家に飾れば無事に帰るという、交通安全のお守りになります。

最近では可愛くデフォルメされたカエルの置物やぬいぐるみなどもたくさんありますので、家内安全、交通安全などを願って家にカエルの置物を置いてみると良いかもしれませんね。

フクロウのアイテムは常に持ち歩くことで運気が上がっていく

フクロウの置物

フクロウのアイテムは常に持ち歩くことで運気が上がっていくと言われていますので、フクロウの小物を常にバッグの中に入れておくと良いでしょう。

アクセサリーでないといけないとか、決まりはありませんから、フクロウ柄のタオルなどでも良いと思います。

さまざまなデザインのものがありますので、可愛いなと思えるもの、お気に入りのものを見つけてくださいね。

金魚の画像を待ち受けにするだけでお金が貯まる!

金運を招く

金魚の画像を待ち受けにすることでお金が貯まるというジンクスがあるので、ぜひ試してみてください。

風水上では、黒や白の金魚がいいと言われているのですが、運気を高めるのであれば赤色の金魚が良いと言われているので、自分で画像を探し、素敵だなと思えるものを見つけたら、それを待ち受け画面として設定すれば良いでしょう。

縁起のいい動物・鳥・魚の由来を知ると毎日がもっと楽しくなる!

縁起がいい動物に会えたらいいかも

縁起の良い動物はたくさんいます。

日本だけでもたくさんいますし、海外も合わせると知っている動物のほとんどが縁起が良いと言われるのではないか…と思えるほどです。

そう言われるようになった由来も含めて、どのような運気が上がるのかをチェックして、ぜひお気に入りの動物を見つけてあなたのお守りとしてみてくださいね。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『2023年の運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事